無利息

無利息でお金を借りるには?

最近の消費者金融や銀行カードローンは、新しい顧客を増やすためのサービスとして「無利息貸付」をおこなっているところがあります。

 

一般的には「無利息期間」と呼ばれ、このサービスをうまく使ってお得にお金 借入ができます。

 

[無即期間が利用できる人]

無利息期間が利用できる人は、ほとんどの場合キャッシングが初めてという、新規の申込時に限られています。

 

給料日前に急な出費があったため、給料日までの間一時的にお金をかりるつもりなら、最初の利用時は無利息期間内に返済すれば元金返済だけですむのでお得感があるといえます。

 

また、無利息期間サービスは初回の利用時だけでなく、SMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」のように会員登録をして、ポイントをためていくと改めて7日間から30日間の無利息期間が使えるサービスもあります。

 

 

新生銀行グループの「ノーローン」は初回のみならず、完済のたびに翌月に改めて7日間の無利息期間が利用できるというサービスをおこなっています。

 

 

この7日間サービスは給料日前の一時的な借入に何度でも使えるのでオススメの無利息期間だと言えます。

 

[無利息期間サービスのあるキャッシング会社]

現在無利息期間サービスがあるのは、銀行カードローンでは三井住友銀行の「ゴールドローン」は90日、住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアム」は60日、新生銀行グの「レイク」は200万円までは30日間と5万円以内なら180日間があります。

 

 

消費者金融ではSMBCコンシュマーフィナンスの「プロミス」、三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」は30日間、新生銀行グループの「ノーローン」は7日間の無利息サービスがあります。

 

 

[無利息期間を有効に使うには]

無利息期間は、短期で借りて給料日には一括返済をするというときは有効に利用できますが、返済を長期で考えている人は、無利息期間は総返済額を考えるとさほど効果が有るようには思えません。

 

例えば、返済を1年で考えると、12カ月のうちの1カ月だけが無利息になっても、残りの11カ月は通常金利になります。

 

そう考えると長い目で見た場合、1カ月間の金利はさほど大きく影響するもでもなく、無利息期間が有るところを探すより、金利の低いところを探すほうが総返済額が低くおさえられるので、無利息期間サービスはないよりましといった程度に考えたほうがよいかもしれません。

お金を借りる時の返済方法

キャッシングでお金を借りると翌月から返済が始まります。
消費者金融や銀行カードローンの多くで使われているのが「残高スライドリボルビング方式」という方法で、借入残高に応じて毎月返済額が決まるので最低でも毎月返済額を返済しなければなりません。

 

またこの方法は審査で融資限度額が決まると、その範囲内であれば何度でも借入れができ、返済を続けながら融資限度額の範囲内でいつでも借入れができるという方法です。

 

返済方法には「毎月最低返済額」や「一括返済」、「繰り上げ返済」といった方法があります。

 

[毎月最低返済とは]

毎月最低返済額は、キャッシング会社のホームページに書かれているように、たとえば10万円以下であれば2,000円、10万円〜20万円以下は4,000円と書かれているのを見たことが有ると思いますが、このように借入残高によって毎月最低でもこれだけは払ってしいという返済方法です。

 

この方法は返済金額が低いので楽な返済が続けられますが、利用金利を先に引いて残りを元金返済にあてるので毎月返済額だけを続けていると借入残高がなかなか減らず、金利を含めた総返済額が多くなります。

 

[一括返済とは」

一括返済とは文字通り一度にお金を返してしまうことで、翌月からの返済がなくなるので気分的にも楽なりますが、一括返済で気をつけなければならないのは、生活に余裕がないのに一括返済をすると後々の生活にも支障が出てしまいます。

 

そのために改めて借入をしなければならなくなることもあるので、一括返済は生活費に余裕ができたときや、ボーナスなどの臨時収入があったときは有効な返済方法と言えます。

 

[繰上げ返済とは]

繰り上げ返済とは、普段は毎月最低返済額で返済を続け、臨時収入があったときや生活費に余裕があったときなど、毎月最低返済額以外にお金を上乗せして返済する方法で、毎月最低返済金額には利用金利が含まれているので、繰り上げ返済で上乗せしたお金は、すべて元金の返済にあてられるので返済期間が短くなるので総返済額を少なくする効果があります。

 

また繰り上げ返済はほとんどのキャッシング会社でも可能で、コンビニATMなどからいつでも繰り上げ返済ができるので、普段は毎月返済額を返済し、お金に余裕があるときは繰り上げ返済をすれば無理のない返済が続けられます。